• トップ /
  • 矯正歯科のホワイトニング方法

矯正歯科でホワイトニング

加齢や生活習慣によって歯に染みついてしまう黄ばみや黒ずみ。口を開いたときのイメージも悪くなり、何よりも口元の若々しさが失われてしまいます。歯みがきやクリーニングでも、なかなか落とすことができない頑固な歯の着色汚れを、美しくきれいに落としてくれるのが矯正歯科でおこなうホワイトニング治療です。従来の治療でおこなわれた歯の表面を削り、人工歯をかぶせる治療法とは異なり、歯を削って傷つけることもない安全性が高い方法なのです。即効性があり短時間で効果があらわれるのが、矯正歯科でおこなうオフィスホワイトニングです。歯に専用の薬を塗布して、レーザーなどの光を当てて白くする方法です。ホームホワイトニングは矯正歯科医の指導のもと、2週間ほど時間をかけてゆっくりおこなう方法です。ホワイトニングジェルを流し込んだ歯形に合わせたマウスピースを装着して白くする方法です。時間はかかりますが効果の持続期間が長く、仕上がりも白く美しいのです。この2つの方法を組み合わせたのが、デュアルホワイトニングです。即効性と美しく白くなる2つの治療法の良い点を組み合わせることで、美しく白い歯の仕上がりと効果の持続性を実現することができるのです。

↑PAGE TOP